胎盤

胎盤

胎児は自分でご飯を食べることができませんので、発育していくためには母体から栄養をもらわないといけませんね。 自分で呼吸もしないので酸素ももらう必要があります。 また、老廃物も排泄しないといけません。(胎児は排尿しますが、普通は排便はしません) 母体が食べた栄養分や肺呼吸で得た酸素はへその緒(臍帯)を介して胎児に供給されます。 臍帯の胎児側は胎児のおへそにつながっているのはわかりますが、母体側はどこにつながっているのでしょうか? へその緒は子宮から直接生えてるのでしょうか?

臍帯の母体側は胎盤(たいばん)につながっています。 胎盤はちょうどホットケーキのような形、大きさをした臓器です。 一般的には胎盤の中央から臍帯が生えています。 胎盤は母体が作り出すものではなく、受精卵が作り出した胎児の付属物です。 付属物とは言えないくらい重要な役目をもっています。 妊娠継続のために沢山のホルモンも分泌する内分泌臓器でもあります。

誤解されやすいのですが、子宮の中に直接胎児が入っているわけではありません。 (私も医学部で勉強する前は直接胎児がおさまっていると思っていました・・・) 卵膜という膜の中に胎盤と臍帯、羊水、胎児がおさまっています。

母体が得た栄養や酸素は母体の血液の中に含まれて子宮動脈を介して、子宮に注がれます。 母体血が子宮の内側まで来るとそこに胎盤があり、胎盤の表面(子宮の内腔と胎盤の母体面とが接しているところ)で母体からの栄養や酸素と胎児からの老廃物や二酸化炭素が交換されます。 そうして胎児は息をせずとも、ご飯を食べずとも大きくなれるんですね。 ほんとに良くできた仕組みです!

母体血と胎児血は基本的には混じることがない別の空間にあります。 薄い膜を介して母児の物質やガスの交換が行われます。 決して母体の血液が直接胎児に流入しているのでは無いんです。 だからお母さんと赤ちゃんの血液型が違うということも起こりえるわけですね。

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれてくる時には卵膜を破って破水して、胎児が出てきて分娩となります。
生まれても、栄養をもらっていた臍帯はまだつながっていますので、臍帯を切断して母児を分離します。 この後後産といって、胎盤と胎児を包んでいた卵膜が排泄されて初めて分娩が終了となるのです。

経産婦さんの中にはあまりにも安産で破水せずに卵膜に包まれたままの赤ちゃんが胎盤もろとも出生することがあります。 「自宅で生まれてしまって呼ばれた時ですが、私が駆けつけた時は赤ちゃんが膜のなかでもぞもぞ動いていたので、あわてて膜を破って取り出しました。」なんて救急隊員のお話もあります。

話がそれてしまいましたが、はじめは1つだった受精卵が分裂して胎児になりますが、すべて胎児になるわけではなく、胎児に栄養を供給する仕組みに分裂していく細胞(胎盤や臍帯)や胎児を包んでいる膜(卵膜)に分裂する細胞もあるんです。

受精卵が子宮内膜に着床すると子宮内膜に根を下ろし始め、すぐに母体から栄養を得ようとします。 この根の働きをする部分を絨毛(じゅうもう)と呼んでいます。 流産の時などに肉眼的に見る機会がありますが、非常に細かい絨毯の毛羽立ちのような感じです。 この絨毛が後には胎盤へと変化します。 着床すると絨毛組織からヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(human Chorionic Gonadotropin=hCG)がすぐに分泌され妊娠継続に重要な働きをします。

このホルモンの数値は活発な絨毛組織の増殖を表しており、絨毛組織の量に比例して急速に増えてゆきます。 妊娠反応検査はこのホルモンを検出して判定しているわけですね。 逆に胎児が存在していなくても、絨毛組織が存在して活発に増殖していると、hCGが分泌されるので妊娠反応が陽性となります。

「胞状奇胎」という病気がありますが、これは胎児が存在していなくても絨毛組織だけが異常に増殖するという病気です。絨毛組織からhCGが分泌されるので尿での妊娠反応は陽性となります。胞状奇胎は胎盤の異常なんですね。





スポンサーリンク