羊水塞栓症

羊水塞栓症

羊水塞栓症とは?

「塞栓症」とは何らかの流れがあるところが詰まり、その下流に悪い影響を与えてしまう病態のことをいいます。 この場合の流れとは血管内の血流であることがほとんどですね。 血液の固まりが血管内に詰まることを特に血栓塞栓症といいます。

羊水塞栓症とは羊水やその中に存在する胎児成分が母体の血管内に入り込み塞栓症を引き起こし、急性の呼吸循環障害をきたします。 胎児成分とは胎児のうぶ毛、髪の毛、皮膚の細胞、胎便、胎脂(胎児の皮膚に付着しているクリームのような脂)などです。

発生頻度は2万〜3万分娩に1例くらいと非常に珍しいですが、発症すると死亡率は60%〜80%と非常に高く、怖い病態なんです。 子宮の静脈などから進入した羊水成分が母体の肺動脈系などの血管に塞栓をつくり、血液の流れを遮断してしまうことが原因だと言われてきました。 しかし、物理的な遮断だけでは説明がつかない状態になることも多く、羊水成分による化学的な反応(アレルギー反応のような)が起こっているのではないかとも言われています。

羊水塞栓症の症状は?

典型的な経過は、特に何の合併症もない妊婦が分娩中もしくは分娩直後に、突然の呼吸困難と胸痛を訴えて、あっという間に全身が黒くなり、ショックに陥り、意識を回復することなく死亡する、というものです・・・。 ただ、初発症状の呼吸困難や胸痛が必ずあるわけではなく、急激な血圧低下などから発症することもあり診断が難しいとも言われています。 典型例では発症から1時間以内で死亡する方は半数を超えるとも・・・。

スポンサーリンク

羊水塞栓症の診断は?

羊水塞栓症で確定診断となるのは、そのほとんどが死亡された方の剖検例です。 剖検例では肺の細かな血管の中に胎児成分が証明されます。 生存例では迅速な診断法が無いため、症状から羊水塞栓症だろうと疑われて治療が行われます。 臨床的には急速に症状が進行するため、以下のような症状を見たら「羊水塞栓症ではないか!」と疑うことが重要です。

・急激な血圧低下
・急激な呼吸困難やチアノーゼ(皮膚の色が黒くなること)
・原因不明の産科DICや大量出血
※DIC;播種性血管内凝固症候群(血液が固まらず、血が止まらなくなる状態)

最近では母体血液中の胎児尿成分や胎児便成分を科学的に検出することが出来るようになったため、羊水が流入したかどうかを確認しやすくなったようです。

羊水塞栓症の治療は?

診断の補助となる検査法が開発されましたが、その原因を除去することがなかなか難しいため治療は困難です。 基本的には呼吸管理、循環管理、DICの治療を同時に行う必要があります。 呼吸困難で酸素が足りなくなるので、まず迅速に酸素投与が行われますが、重症化していることが多く気管内挿管(気管にチューブを入れること)し人工換気が行われることも多いです。 ショック状態に対しては輸液療法や循環改善薬の投与などが行われます。 発症すると超緊急状態となるので高次医療への搬送は必須ですが、手を尽くしても救命できないことも多いのが現状です。





スポンサーリンク