子宮破裂

子宮破裂

子宮破裂とは?

子宮破裂(uterine rupture)は主に妊娠後半から分娩中に発生する子宮の裂傷のことです。
3000分娩に一例くらいの非常にまれな疾患ですが、発生すると大量の出血を伴い突然に発生します。 そのため超迅速な判断と対応がとても重要な疾患です。

そのほとんどは妊娠中に発生するものですが、 他院で帝王切開が行われ数年たって、妊娠とは無関係の月経中に子宮破裂を発症した珍しい症例を経験したことがあります。(当然緊急手術となりましたが・・・)

子宮破裂の分類

子宮破裂は完全子宮破裂不完全子宮破裂に分けられます。
前者は子宮が表面まで離断して子宮の外側から子宮の内面が見える状態です。
一方後者は子宮の表面の皮(漿膜面)は破れていなくて子宮筋層までで断裂がとどまるものです。
前者がより重症となりますが、後者は発見が遅れる可能性があります。
不完全子宮破裂にはいわゆる既往帝王切開創の離開も含まれます。
自然破裂は滅多になくほとんどは帝王切開後の子宮破裂ですね。

子宮破裂の原因

子宮に何らかの傷(瘢痕部)がその部位が破裂する場合を瘢痕性子宮破裂といいます。
傷がなくて破裂する場合を非瘢痕性子宮破裂といいます。

瘢痕性子宮破裂

子宮に対する手術の経験がある場合はこのタイプの子宮破裂を起こしやすくなります。 帝王切開術、子宮筋腫核出術、人工妊娠中絶術などで子宮に瘢痕部が存在すると発生要因となります。
特に頻度が高いのが帝王切開術です。
一度帝王切開術を経験した方は次の分娩も自動的に帝王切開術が選択されることが多いのは、このようなわけがあるんですね。
また、筋腫核出術も子宮筋に瘢痕を作る可能性がありますが、表面に近い部分でしかも大きさが2〜3センチ程度のものであればほとんど影響がないので状況によっては筋腫核出術後でも経膣分娩を行うこともあります。

非瘢痕性子宮破裂

全く自然な状態での子宮破裂は数万分娩に1例と言われ非常に珍しいものです。
沢山お子さんを出産した多産婦に多いとも言われています。
そのほかとしては交通事故などの外傷性の子宮破裂があります。
子宮収縮剤の不適切な使用による子宮破裂も含まれます。

スポンサーリンク

子宮破裂の症状

破裂の程度により症状は様々です。
外出血と腹腔内出血、顔面蒼白、下腹部の持続的な疼痛、胎児心拍異常、血圧低下、チアノーゼなどの症状が出現します。 子宮破裂前の切迫子宮破裂兆候としては過強陣痛発作、分娩進行の停止、収縮輪の上昇、子宮円靭帯の過緊張と過伸展などがありますが、これらの兆候がなく突然発症することもまれではありません。

子宮破裂の診断と治療

完全破裂の場合は激烈な症状から診断は容易なことが多いです。
不完全子宮破裂の場合は激烈な症状がないこともあります。
分娩後出血で弛緩出血や膣壁・頚管裂傷などが否定されて出血が続くときは不完全な破裂を考える必要があります。 子宮破裂の診断もしくは疑いが強い場合は、高次医療が可能な大きな病院へ搬送されます。

治療は出血に対する管理と破裂部位に対する管理を同時進行で行う必要があります。
血管の確保、バイタルサインチェック、輸血などが行われ、開腹手術で破裂部位の縫合を行います。
分娩中に発生した子宮破裂の場合は開腹して、胎児を出来るだけ速く娩出させます。 裂傷部を確認し縫合が可能であれば合成吸収糸などで子宮を縫合します。
裂傷部が大きく縫合不可能と判断されたときはやむを得ず子宮全摘術が行われます。




スポンサーリンク